オフィス用システム・店舗用システム・工場用システム・フィットネス / ジム用システムをオーダーメイド

賛否両論

トップページ > 賛否両論 > フリーランスの初回営業

フリーランスの初回営業

初回の営業。
悩みますよね。ハローワークのようにフリーランスの窓口があるわけでもないし、インターネットを検索してみても、精々マッチングサイトが検索にヒットするくらい。ここではいくつかフリーランスでの初回営業のやり方を記載しておきます。

1.転職者を探そう。

あなたは同じ職場で転職する人を見つけてどう思いますか?その人は転職して他の会社へ就職することを考えている。ただそう思うだけですか?そうだとしたら少し勿体ないですね。確かにフリーランスを考えている方と転職を考えている方と状況は違います。

でも、こうは考えられませんか?「他の会社へ就職する人」。あなたがフリーランスになった後、これがどれほどあなたの営業に影響するか。この人は今後自分とは違う人脈や技術を身に着けます。それも分野的には自分と近い存在で、自分と似た経験を活かせる会社に就職するでしょう。その人との連絡手段をあなたが持っているとしたら、これは非常に強力な営業先(営業さん)になると思いませんか。

そうです。進む道は違っても「現在の状況」や「退職する理由」というのはあなたと似ているかもしれないのです。今まで自分と同じような職種・業種をやってきた仲間が転職する。あなたは是非この方と仲良くなってください。

2.フリーランス応募企業を探そう。

マッチングサイトではダメです。いえ、ダメとは言いませんが、フリーランスになって初回の営業で悩んでいるあなたにとっては、顔と顔、目と目を合わせて話してくれる企業(営業さん)が良いのではないでしょうか。安心感も違いますしね。

顔と顔を合わせて初回をこなすことよって「最低ライン」というものが生まれます。今後自分の営業が行き詰っても「最低でもこの企業(この営業さん)に相談すれば仕事がもらえる」という安心は、フリーランスにとって非常に重要な事です。とにかく1社、まずは自分のことを理解してくれる企業に顔を売っておくのです。色々な会社に顔を売って数をこなすのはその後で十分なのです。

例えば会社Aを「最低ライン」として、会社Bに営業するとき「選択の余地」と言うものが生まれます。とりあえず、普段会社Aと仲良くしておけば、会社Bのやりたくない仕事は断れますし、交渉もしやすくなりますね。断っても、会社Aがありますし。これは強みです。

当社にもフリーランスの応募ページ(ソフト/ハード)があります。ここから応募して頂ければ当社の営業と顔と顔を合わせて仕事の話ができます。まずは当社の営業と仲良くなってみては如何でしょうか。営業話の他にも、確定申告のやり方、その他体験談、必ずあなたの強い味方になるはずです。

色々とやり方はあるのですがまずは上記の二つから始めては如何でしょうか。フリーランスと言うポジションに身を置き、数ヶ月も経てば、おそらく営業さんとも1度や2度飲みに誘われたり誘ったりと交流が増えてくるでしょう。

フリーランスの方は「営業」を固く考えがちですが、最初の内はこの「飲みに誘う・誘われる」という行為だけで十分営業になるのです。もちろん、飲めなければランチでも。いつもスーツを着て固い話をするばかりが営業ではないのです。なんだっていいのですよ。

フリーランス営業の基礎はたった1つだけです。「最低ラインとなる営業さんとは連絡を絶やさない。」これだけ。これを守るだけで、将来かなりの選択肢が生まれます。

最低ラインとなる営業さん。とにかく困った時に仕事を出してくれる。これが重要なのです。だから、他社営業する時に強気で交渉できるのです。どうか「最低ライン営業さん」を大切に。

賛否両論一覧へ戻る

PAGE TOP