オフィス用システム・店舗用システム・工場用システム・フィットネス / ジム用システムをオーダーメイド

事業内容

導入例

会社情報

求人情報

協力会社様へ

お問い合わせ

賛否両論

導入例

トップページ > 導入例 > トレーサビリティーシステム

トレーサビリティーシステム

商品が商品として販売されるまでの跡をたどることをするシステムがトレーサビリティーシステムです。
なんの跡をたどるというと、この商品はいつどこで販売されたとか、いつどのように流通したのか、いつどのように加工されたのか、いつ材料をどこから仕入れたのかなどの情報になります。
このような情報を誰もが簡単にアクセスして閲覧できるようにすることがトレーサビリティシステムではできます。消費者が商品の履歴をさかのぼって照会し素性を知ることにより、安心・安全を確認することができ商品メーカーへの信頼を築くことができます。
万一その商品個体に問題が発生した場合、商品メーカがその商品の履歴を追跡することによりいまどのような状態なのかを把握でき商品の回収や問題過程の把握が容易になり素早い対応が可能となります。商品の履歴を管理することでその商品の品質も管理することが可能となります。

< トレーサビリティーシステムのイメージ図 >

機能

トレーサビリティーシステムには以下の機能がございます。

過程入力機能
各過程の状態をデータベースに入力します。
トレースバック機能
商品がどのような過程で作られたかの跡をたどることができます。
トレースフォワード機能
商品が今どのような過程なのかをみることができます。

用途

トレーサビリティーシステムには以下の用途がございます。

  • 消費者へのトレーサビリティー検索サービスを提供することにより、商品の安全・安心を確認できます。
    またその商品の透明性を提示できるのでメーカーの信頼を得ることができます。
  • 万一、商品にトラブルが発生した時に跡をたどることにより、問題発生箇所等の原因究明に役立てることができます。
  • 各過程で問題があった場合その過程に係わった商品が今どの過程にあるのか、どの場所にあるのかを瞬時に把握できます。
  • 商品のリコール等で対象商品の販売をストップ、及び販売してしまった店舗を把握することにより商品回収を速やかに行うことができます。
  • 受注商品の場合、注文者はその製品が今現在どの過程なのかを把握でき納期の把握が確認できます。

業種

トレーサビリティーシステムには以下の業種や使用目的に適しております。

  • 食品加工業(どこの生産者からどのような加工をしたのか)
  • 工業製品生産業(どの材料を使用してどのように加工・組み立てをしどのようなテストを行ったのか)
  • 教育機関(生徒の学習履歴、いつどのような授業を受け、どのよなテストを受け結果等)
  • 建築業(基礎から施工までのいつどこの業者が係わったのか、どのような材料を使用したのか)

お問い合わせ)は必須項目です。


迷惑メール防止の為本日の日付を8桁で入力してください。
例)20090909

PAGE TOP